天然彼氏とダラダラ女の生活記

彼氏と同棲中・天然系彼氏と頭の中お花畑女の日常や思った事を書いています。

わかるんだけどさ…って話

 

ここ最近、私に”いや、わかるんだけどさ…”って話が2件ほどありまして、その事について書いていきます。

 

今回の記事は汚い話が出るので閲覧注意でお願いします(´・ω・`)

 

まず一個

 

今日の話なんだけど、電車に乗っていて、電車がだいぶ混んでいたんです。

 

私が乗る列車は帰宅時に結構混むんです(´・ω・`)

 

私の1駅前で電車がとまって扉が開いて、男性が出ようとしていたんです

 

でも、人が多くてなかなか思うように出られない男性

 

すると男性は手で前の人を押しのけて無理やり出たんです。

 

私はこの時に思った…わかるんだけど一言『出ます』とか『すいません』って言えば良くないか??って。

 

現に私も降りる際に電車内は結構混んでいる

 

でも、ぎゅうぎゅう過ぎるって程でもなく、言えば退けてくれる感じの混み具合なんです。

 

だから私はいつも『すいません~』って言ってどけてもらって降りる。

 

東京ばりの混み具合で出られないならまだしも、そこまでもいかんのよ

 

下手したら押された人がよろけて足でもひねったら大変じゃんっていう。

 

これが1つ目の”わかるんだけど”

 

2つ目は閲覧注意

 

これは私が入院していた時のお話です。

 

私が次の日に手術を控えていました。

 

寝たいけどなかなか寝れなくてやっと寝られたのですが、突然の大きいドカン!って音で起きる私

 

なんかあったのかな~って思っていると、看護師さんが『あらら!これは大変!!』って言っている声が聞こえる

 

何が起きたかと言うと、私の斜め向かえのおばあちゃんが手術前で下剤を飲んでいて、トイレに行こうとして転んで頭をぶつけてしまい、便を漏らしてしまって這いずりながらも室内のトイレに行った感じ。

 

看護師さんに『大丈夫!?どっかぶつけたの!?』って言われて『頭をぶつけた』って言うおばあちゃん

 

頭にはたんこぶが出来ていたみたい。

 

ちなみに看護師さんが寝る前にトイレに行くのは危ないと判断していたみたいで、簡易トイレを室内に置いていたみたいだが、おばあちゃんはどうしても簡易トイレでしたくなかったらしく、トイレに行こうとしてこけて頭をぶつけて今回の事態に至った。

 

看護師さんに『今回たんこぶで済んだから良かったものの、頭切ったりとかしたら大変でしょ!?お願いだから簡易トイレでトイレして!!』って言われ『でも私はしたくない!!』って言うおばあちゃん

 

このやりとりが何度か続き、看護師さんの『何してんの!!それ便だよ!!触らないで!!』って怒鳴り声が聞こえる

 

きっとおばあちゃんは汚してしまった便を片付けようとしたのだろう

 

おばあちゃんのしゅんとした『でも…』って声が聞こえる

 

トイレから看護師さんとおばあちゃんが出て、看護師さんが『もう簡易トイレでしたくないのはわかったから、トイレ行くときは必ず私達呼んでね!!危ないから約束!!』っておばあちゃんに言って事態収束かと思いきや、おばあちゃんはその後もトイレに行く際に看護師さんに言わずにトイレに。

 

すると看護師さんがすぐ来て『だから呼んでって言ったでしょ!!』って怒る

 

おばあちゃんが『呼ばなくても来てるじゃない!!』って言うと『この線を抜いたら私達にお知らせくるように設定したの!!○○さんが呼んでくれないから!!本当に危ないんだからわかってよ!!』って怒る看護師さん

 

このやりとりのせいで私は寝られなくなりました。笑

 

次の日も、おばあちゃんと看護師さんの仁義なき戦いは続く…

 

手術前に最後の浣腸をしなければいけないおばあちゃん

 

おばあちゃんはトイレでさせてほしいと言うが、看護師さんはトイレでの浣腸は危ないから、おむつを敷いたベッドの上で浣腸をしなければならないと言う

 

どうしても折れてくれない看護師さんにおばあちゃんは『でも、私は絶対そんな事したくない!!あんたみたいな若い人には私の気持ちはわからないのよ。もっと患者の気持ちに寄り添ってよ!!絶対危なくないからトイレでして!!』って怒る

 

対応していた看護師さんが『どうしても危ないからだめなんだ…本当に辛いのもわかるけどそこは理解してくれないかな~?』って言う

 

そしておばあちゃんは『聞こえない!!』って言い張る。笑

 

こんなやりとりがずっと続いて苛立つ私。

 

普段なら何とも思わないけど、全然寝られていないし朝からまた便の話かよ…って。

 

私自身も初めての手術で苛立っているのもあったし。笑

 

これが2つ目のわかるんだけどさってやつ。

結果おばあちゃんが折れていました。笑

 

私もおばあちゃんの気持ちはわかります

 

個室ではないみんながいる部屋で便をしろって言われても臭いとかしないかなって思っちゃったりするし。

 

でも、入院していて思ったのが、本当に病気になったら普段の倍は何もできなくなってしまうわけで、私自身も手術前でも痛みでなかなかトイレも思うように行けなかった。

 

おばあちゃんなら尚更だと思う。

 

下剤飲んでいてすぐにトイレに行こうとしてもなかなか難しいと思う

 

だから自分なら大丈夫って考えを捨てて看護師さんにちゃんと頼るべきだと。

 

だって、言っちゃ悪いかもだけど、看護師さんは看護のプロですよ

 

便なんて今更見たところで何とも思わんよ。

 

便を見られて嫌な思いをするかもだけど、危ない目にあう方がよっぽどいけないわけで。

 

ちなみに看護師さんも病室だから最初は静かに喋っていたけど、おばあちゃんが事ある毎に『聞こえない!!』って言うから段々声がでかくなる。笑

 

”これが何日も続くんか…”って思うとため息が出たが、そのおばあちゃんはナースステーション真ん前の部屋に移された。

 

汚い話でごめんなさい(´・ω・`)

 

なんか私の中で最近あったもやっと話なので吐き出させていただきました。笑

 

皆さんはどう思いますか??

 

私の考え方が狭いのだろうか(´・ω・`)

 

そんなわけでおやすみなさい☆